好きな人とたくさん

コミュニケーションツールとしてのセックスが好き。声を大にして言いたいのをこらえてます。

石田衣良に抱かれてみたい

石田衣良の物語には、度々セックスの描写が出てきます。これがかなり生々しい。一部だけ抜粋したら、官能小説なんじゃないかってくらい。


セックスを題材にした本もある。全部読んだわけではないが、それらを読んだせいで、相性のいい人探しを始めたと言ってもいいくらい。


1番ガツンと来たのは『夜の桃』。
相性ピッタリだと、どこか触っただけで軽く電流が走り、すぐにでも繋がりたくなる。奇跡の出会いだけど、どこまでハマるのかわからない、地獄の始まりでもある。
最後もハッピーエンドじゃないしね。


さすがにこれはなかなかないだろ…と思いつつも期待はあったかも。でもこわいよね、離れられなくなるなんて。体がそうなっちゃったら、居てもたってもいられなくなりそう。


ずばり『sex』という短編集もある。
テーマの扱い方捉え方はほんとにそれぞれ。自分は1話目でやられました。好み。
あとは…考えさせられたり甘酸っぱかったり…人は見た目や年齢じゃないんだぞ!とか。


夜の桃みたいな短編もあり。触っただけで気持ちいいのはほんとに最高。お互いに特別なことをしてるわけじゃないのに、すごく感じる。肌が合うというのを肌で感じる。


他の短編集で、『1ポンドの悲しみ』という作品も好きです。遠距離恋愛中の男女が、会えるときにするセックスにいかに気持ちと体を注いでるか。そしてまた、離れるときにえぐられるような悲しみが…


とにかく、描写がエロティックで艶かしくて、目に浮かぶようで、性的なものが苦手な人は気持ち悪くなるんじゃないかってくらい、性器や濡れ方の表現が生々しい。ある意味女性向けAVみたい。いやらしい、ではなく、艶かしい。色気のある、というか。


あとがきに、セックスとは個人の能力が試される場だとあります。感受性と想像力、体力とコミュニケーション能力、演技力と変身能力、死力を尽くした裸の人間同士の交感だと。わかる!(笑)


こんな表現ができる石田衣良さんは、きっと自分好みなセックスをするんじゃないかと、勝手に思ってます。そんなところでもファン。顔も好き(笑)


そんな石田衣良さんのセックススローガンをブログのタイトルにしました。
『好きな人とたくさん』
なんて素敵な♪♪♪、とずっとお気に入りのフレーズです。